ライフハックが持つデメリットへの心構え

コンピューター技術は、効率化がしやすい分野である。新しい発想を開発に取り入れることにより、短時間で従来の仕事がこなせるようになる。情報技術の分野では、効率化が進めやすい特徴を活かして、技術開発力の向上が進められてきた。情報技術開発の仕事につくのであれば、仕事を上手にこなすためのライフハックのコツを知っていることが望ましい。

しかし難しいのは、効率化がかえって非効率を招いているという現象が起こりうることである。効率化にこだわるあまりに、本来の効率性をそこねてしまうというデメリットがある。いかに業務内容の工程を少なくするかに熱心でありすぎると、実質的な効率化の評価を見失いがちである。すると、効率化したつもりがむしろ非効率となり、努力が無駄に終わってしまうということになりかねない。

効率化が実は無駄を生み出すというデメリットの存在について十分に把握しているかどうかが、情報技術開発の職に就く上で重要な心構えとしてある。この問題を解決するための方法としては、効率化の成果を数値として表したり、第三者から客観的に評価してもらうことが望ましい。

また、編み出したライフハックのテクニックを他者にも試してもらい、普遍的なテクニックになりうるかの確認も有効である。自身のみならず他者も利用できるテクニックであれば、編み出したテクニックが多くのエンジニアに実践してもらうことができ、業界全体の発展に貢献することにもなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です