ライフハック術の定年前の継承の促進

長年に渡って開発の仕事に従事してきたエンジニアは、優れたテクニックを持っている。しかし、定年を迎えて職場を離れれば、その技術は失われてしまう。このことから、技術開発の現場では、技術継承が重要なテーマとなる。

貴重な技術力が失われる前に、技術継承を促す対策が必要である。少子高齢化の問題は、技術分野にも影響を及ぼしている。優れた開発のライフハックテクニックを持ったエンジニアが、次々と定年退職していく一方で、新人エンジニアたちへの技術継承が思うようには進んでいない。この技術継承の停滞の問題は、やがては業界全体の技術力低下を招く可能性がある。

対策のためには、定年を迎える熟練のエンジニアたちが多くなる中で、引退前に新人エンジニアたちと交流ができる機会をより多く設ける必要がある。技術継承の促進は、業界全体の課題でもある事から、時には組織の枠を超えて、世代間でのライフハック術の継承を促す取り組みを行う事が望ましい。

企業経営者たちが率先して、仕事のライフハックなどの技術の継承を促していけば、開発企業の技術力低下を食い止めることができる。またさらに、引退した技術者を再雇用して、引き続き新人教育を担ってもらうという事も、技術の継承を活発化するための効果的な対応策である。

これまでは職場での習慣に頼ってきたエンジニア間の技術継承を、今後は業界全体で仕組みとして備えていかなければならないと捉えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です